印刷 ダウンロード メール クリップボード ダイレクトエクスポート
表示内容の変更
1

S412180002<Pre 医中誌>

【腎疾患診療の未来 最新知見のエッセンシャル】 腎疾患の疫学・病因の研究の進歩 急性腎障害(AKI)の疫学・診断・治療のアップデート(解説/特集)

  • 抄録を見る
    CiNii MedicalOnline
2

S313360136<Pre 医中誌>

CHDF患者においてHMGB1は予後不良因子である(会議録)

3

S313360135<Pre 医中誌>

CRRT患者においてエリスロポエチン(EPO)濃度高値は予後不良因子である(会議録)

4

S313360110<Pre 医中誌>

集中治療室にて持続血液濾過透析と間欠的血液透析を併用し、救命した急性リチウム中毒の一例(会議録)

5

S313360068<Pre 医中誌>

AKIにおけるバイオマーカーの臨床的意義(会議録)

6

S313360034<Pre 医中誌>

PMX-DHPの功罪 PMX-DHPの有用性について 適切なレスポンダーの模索(会議録)

7

S313360016<Pre 医中誌>

重症患者の救命率向上のために急性血液浄化ができること〜各臓器単位の効果を再考する〜 腎障害に対する急性血液浄化 AKI診療ガイドラインから(会議録)

8

S308481880<Pre 医中誌>

CHDF患者においてHMGB1は予後不良因子である(会議録)

9

S308481879<Pre 医中誌>

CRRT患者においてエリスロポエチン(EPO)濃度高値は予後不良因子である(会議録)

10

S308481878<Pre 医中誌>

院内・院外発症AKIの臨床像と死亡率の差異(会議録)

11

S308481817<Pre 医中誌>

急性腎障害に対する血液浄化療法のエビデンスを考察する(会議録)

12

S308481570<Pre 医中誌>

腸管虚血再灌流による遠隔臓器障害機構およびリコンビナント・トロンボモジュリンによる治療効果の検討(会議録)

13

S308480805<Pre 医中誌>

AKIの予防と治療は可能か? AKI治療に対する薬物治療にエビデンスが存在するか?(会議録)

14

S308480792<Pre 医中誌>

超音波画像自動認識システムを用いた循環血液量変化の評価 大静脈のcardiac variationの解析(会議録)

15

S308480743<Pre 医中誌>

多数傷病者発生時の集中治療室の運用体制 2020年夏季オリンピック・パラリンピックに向けて(会議録)

16

S308480720<Pre 医中誌>

急性腎障害バイオマーカー(会議録)

17

S308480353<Pre 医中誌>

急性腎障害バイオマーカーの臨床応用(会議録)

18

S308410002<Pre 医中誌>

急性血液浄化療法における最新の話題(解説)

    MedicalOnline
19

2018176329

医療用ウジ療法における血管内皮細胞増殖因子の役割(会議録)

20

2018171447

【AKI】 急性血液浄化療法時の薬物療法(解説/特集)

    CiNii J-STAGE
21

2018169731

Clinical Decision Unitにおける退室基準チェックリストの導入(会議録)

22

2018169606

40gの炭酸リチウム内服後に救急外来に来院し、腎代替療法を用いて救命した急性リチウム中毒の一例(会議録/症例報告)

23

2018169603

メトホルミンによる乳酸アシドーシスの一例(会議録/症例報告)

24

2018169581

多臓器連関破綻の量的解析(会議録)

25

2018169580

虚血性肝障害におけるdamage-associated molecular patternsの挙動をめぐって(会議録)

26

2018169575

高乳酸血症を呈したICU患者における各種バイオマーカーの動態(会議録)

27

2018169573

quick SOFA scoreを用いた敗血症患者に対するCRRT導入タイミングの検討(会議録)

28

2018169502

IoTで築く救急医療連携、点から線 線から面へ EMV-IoQプロジェクトの概要と展望(会議録)

29

2018168993

【腎泌尿器診療の国際標準】 急性腎障害の国際標準(解説/特集)

    CiNii
30

2018159517

AKI(急性腎障害)診療ガイドライン2016と医工学治療(会議録)

 
印刷 ダウンロード メール クリップボード ダイレクトエクスポート

Copyright c Japan Medical Abstracts Society . All rights reserved.
ページの先頭に戻る